小簾の戸@gallery園with酒器道楽・風待の宴〜艶(つややか)〜

gallery園with酒器道楽・風待の宴〜艶(つややか)〜」で地唄舞「文月」「小簾の戸」を舞わせて頂きました。

「小簾の戸」の写真です。

「小簾の戸」は男女の恋愛を唄った「艶物」ですが、
悲恋の多い「艶物」には珍しく恋が成就するという
ストーリーです。

前半は恋の切なさ、後半は恋が成就した喜び、そして男女二人で蚊帳を吊るという夏らしい情緒のある演目です。

「小簾の戸」は艶物の中でも最も凄艶な演目として
知られており、その凄艶さは、人間国宝吉村雄輝師が、この舞を舞う心得として「舞う人の体全体に“女”“女”“女”が出るように、にじみ出る色気が大切であることを心得ておくように」という言葉を残しているほどです。

いつも舞っていて切ない気持ちでいっぱいになる演目です。

撮影:hiroyuki takaoka
デジタル写真工房 stylish Μ

 

アメブロ.jpg              小簾の戸1.jpg                                                       

小簾の戸2.jpg 

小簾の戸3.jpg    

小簾の戸5.jpg   

小簾の戸.jpg               

 

                                                                               NEXT→

                                                                                                                            

▲このページのトップに戻る