浪花十二月

                 地唄舞「浪花十二月」

 

「浪花十二月」は、大阪の年中行事や風俗を詠み込み、物売りの声や駕籠屋のかけ声なども入れたおどけもの仕立てになった演目です。
この「おどけもの」は地唄舞のジャンルでは「作物」と言われるもので、軽妙でしゃれた味わいのものを
さします。

元旦、年賀の挨拶客、今宮の十日戎、初午の凧揚げ、
彼岸会、四天王の舞楽、雛祭り、潮干狩り、野崎参り、端午の節句、天神祭り、七夕、八朔、放生会、宮神楽、亥の子の炬燵開き、顔見世、餅つき、煤払い、節季候、節分の豆まき(当時は大晦日に行っていた)を舞い分けます。

 

            浪花[1].jpg

                  浪花2[1].jpg

                                浪花3[1].jpg

                                浪花4[1].jpg

                                浪花5[1].jpg

                                浪花6[1].jpg

                                浪花7[1].jpg

                                浪花8[1].jpg

                                浪花9[1].jpg

 

                                                                 NEXT→

▲このページのトップに戻る