地唄舞「雪」

 

銕仙会能楽研究所で行われるお稽古場の勉強会 「上方舞 吉村会(別会)」で「雪」を舞わせて頂きました。

「雪」は、地唄の代表的な名曲として、また地唄舞の王座ともいわれ、あまりにもよく知られています。

実在した大坂南地の芸妓そせきが、思う男に捨てられて尼となった心境をうたったものですが、独り寝のさびしさに昔の思い出を追い、つれない男に思い焦がれている女ごころの哀しさに、引き込まれてゆくような、それはしみじみとした哀愁と雪の夜の静けさが感じられます。

この曲を有名にしたのは、「心も遠き夜半の鐘・・・・・・」のあとの「雪の手」と呼ばれる長い合いの手が、しんしんと降る雪の感じを見事にとらえて絶品とまでいわれ、これはその後の邦楽のさまざまな曲に使われています。

「花も雪も 払へば清き袂かな・・・・・・」の唄い出しの美しい情趣から、恋に身を捨てた女のわびしさや諦観、それに凄艶さも浮き彫りにさせる点に難しさがあり、傘の扱いにはしっかりとした技巧の修練が要求されます。


雪ぼかし1.png

 

雪ぼかし2..png

雪ぼかし4..png

                                                            

                                                                                                                  NEXT→

▲このページのトップに戻る