地唄舞(上方舞)とは


    ほーむぺーじ@..jpg
                 
   

地唄舞(上方舞)とは

 

地唄舞とは、江戸時代後期に生まれた日本舞踊の一種で、主に大舞台で踊られる日本舞踊に対して、ゆったりと静かな動きでお座敷に蝋燭を灯して舞われるため、座敷舞とも言われています。

静かな動きで感情を内に秘めて舞う地唄舞は、畳一畳の小さいスペースで、女性の憂い、哀しみ、情念、艶を表現します。

▲このページのトップに戻る