2012年6月23日「風待の宴〜艶(つややか)〜」のご案内


 

              アメブロ3.jpg

 

☆☆gallery園with酒器道楽・風待の宴〜艶(つややか)〜☆☆

主しれぬ扇手にとる酒宴哉(与謝蕪村)

2011年「十五夜の月会」2012年「華」「麗」と続いたシリーズ、
来る水無月は「艶(つややか)」を開催します。

水無月の別名は風待月(かぜまちづき)、心地よい艶やな風の中、
地唄舞、そして美酒佳肴をお楽しみください。

文京区にある昔ながらの日本家屋で、6月23日(土)17時より、

夏に因んだ演目地唄舞「文月」と「小簾の戸」を舞わせて頂きます。

 ★演目について★

地唄舞「文月」は 団扇を使った夏らしいとても洒落た演目で

廓のことが唄われています。

「小簾の戸」(上の写真)は、 男女のことが唄われた

「艶物」というジャンルのものですが、

その艶物の中でも最も凄艶な演目として

知られており、その凄艶さは、人間国宝吉村雄輝師が、

この舞を舞う心得として

「舞う人の体全体に“女”“女”“女”が出るように、
にじみ出る色気が大切であることを心得ておくように」

という言葉を残しているほどです。
蚊帳を男女二人で吊るという夏らしい趣のある演目です。

 

会場のgallery園 は、戦前の一軒家を改修した昔ながらの素敵な古民家ギャラリーです。

 

            アメブロ4.jpg

酒器道楽 さんセレクトの三種類の日本酒とgallery園 のオーナー手作りの風待の酒膳を楽しみながら、
昔ながらの日本家屋でゆったりと楽しい夏の宵をお過ごし下さい。

皆様に少しでも夏らしい雰囲気を楽しんで頂けるよう、頑張ります。

 

お申し込みは、お電話090-1467-2882かメールyukarijiuta@yahoo.co.jp にて

 受け付けております。

皆様のご来場、心よりお待ちしております。
宜しくお願い致します。

 

☆今までの宴の様子です☆
友人のフジタツヨシさんが素敵なレポートを書いて下さいましたので
ご紹介させて頂きます。

1月29日開催「初春の宴〜華(はなやぎ)〜」

http://wakadanna.way-nifty.com/f_g/2012/01/gallerywith-c88.html  

4月6日開催「櫻の宴〜麗(うららか)〜」
http://wakadanna.way-nifty.com/f_g/2012/04/with-51e9.html  


       アメブロ2.jpg

 



・会場:新大塚・gallery園
    http://gallery-en.2bx.bz/  

・日時:2012年6月23日(土)17:00〜20:00(開場16:30)

・酒肴:日本酒三種+風待の酒膳

・演者:地唄舞:吉村ゆかり

    演目:「文月」「小簾の戸」

・定員:18名様限定   このイベントは現在、満席となっております。

・会費:3,500円

 

 

o0320024111821934827.jpg 
▲このページのトップに戻る