4/1 桜舞月〜蝋燭に灯るおんな心〜

きくのつゆ2.jpg



桜舞月〜蝋燭に灯るおんな心〜

目黒にありますお寺 蟠龍寺 さんで
桜の季節、蝋燭の元、地唄舞を舞わせて頂きます。

終演後、お時間あれば目黒川の夜桜を見に
いらしてはいかがでしょうか。


日時:2018年4月1日(日)

場所:蟠龍寺
東京都目黒区下目黒3-4-4
03-3712-6559
https://www.facebook.com/vanryuji344/

17:30-18:00 開場
18:00-18:30 法話

18:30-19:00 一部
「 菜の葉」
「鐘ヶ岬」

19:00-19:30 休憩

日本茶カクテル
いなり和家 稲荷二個

19:30-20:15 二部
「花見踊」 三味線独奏
「黒髪」
「ぐち」

終演後、目黒川のライトアップにぜひお出かけください。

料金:¥6500-(振込の場合¥6000)30名様満席 満員御礼
※受付が早くすみますのでお振込のお願いできればと思います。
(軽食飲み物付 お稲荷さん 日本茶、日本酒カクテル)
お振込先は後日、御参加者様に御連絡させて
頂きます。

地唄舞:吉村ゆかり
三味線:遍 美花子

お申し込みは yukarijiuta@yahoo.co.jp  もしくは
お電話090-1467-2882
にて受け付けております。

皆様の御参加をお待ちしております。  


☆演目解説
「菜の葉」
遊女が恋しい人に差し出す手紙に寄せて思いのたけを
書きしるした内容の演目で
他の客の座敷をつとめている時でも
心はいつも恋しい人のもとにあって
ますます募る思慕の情をひたむきに示す
あどけなさが可憐に美しく述べられています。

「鐘ヶ岬」
「鐘ヶ岬」は能や歌舞伎で有名な「道成寺」を地唄にしたもので
鐘に恨みをこめて、つれない男への思いを舞いますが、
後半はその鐘への執心からふっとはずれ
各地の廓づくしとなり、廓の世界でゆれ動く女心や恋心をつづり
女の持つ執念の恐ろしさの中に
その一途な可愛らしさ、おろかさ、あわれさ、艶やかさといった
情感が豊かに盛り込まれた演目です。
静かな曲が多い地唄の中では華やかな名曲で多くの方々に
親しまれています。

「ぐち」
たまにしか会えない男との久しぶりの逢瀬の嬉しさと
朝が来て別れねばならない辛さを唄った演目です。

「黒髪」
雪の積もる静かな夜、片袖を夫に見立てて独り淋しく寝る女の
思いを唄った艶物の代表的な演目です。

 

▲このページのトップに戻る