ごあいさつ 

原画C.....jpg

このたびは、ホームページにお越しくださいまして、ありがとうございます。

 

地唄舞は、主に大舞台で踊られる日本舞踊に対して、ゆったりと静かな動きでお座敷に蝋燭を灯して舞われるため、座敷舞とも言われております。

 

お座敷という限られた空間の畳一畳の小さいスペースで、女性の憂い、哀しみ、情念、艶を表現する地唄舞は、繊細で艶やかな美しさに満ちており、着物姿の女性を最も美しく見せます。

 

また、江戸時代から連綿と受け継がれた品格と深みのある振付は、まさに日本が誇る伝統芸能の一つと言えましょう。

 

そんな地唄舞の魅力を知って頂きたくて、 2011年5月より地唄舞教室を開かせて頂きました。

 

当教室では、お座敷で舞うための粋ではんなりとした艶やかな舞を中心にお稽古致します。お稽古を重ねることによりその舞姿は、滲み出るような色香を纏うようになります。


この機会に是非、お稽古されてみてはいかがでしょうか。


地唄舞の魅力を一人でも多くの方に知って頂けましたら幸いに存じます。

▲このページのトップに戻る